仙台で土木作業員から大工へ転職すると、共通点が多いので仕事を覚えやすい、すぐに給料が上がっていくなどが長所です。

土木作業員と大工は、セメント作りをしたり側溝や基礎を作る作業はほぼ同じと言えます。なので大工が行う壁を固めていく作業は、すぐに慣れることができます。

おそらくですが、仙台で転職をした後は働けるかどうか、悩んでいた可能性が高いです。ですが、大工として無難に働けるので、安心して働き続けると想定されます。

ただ、家の中に柱を設置したり屋根を作る仕事に関しては、親方や同僚達に教わる必要が生じます。礼儀正しく指示通りに正確に動いていれば、真面目で律儀な人と判断してくれるため、仕事を教わる機会が増えていきます。

なので、誠実な仕事ぶりを見せれば大丈夫です。また、仙台で転職直後は新人扱いなので給料が低いですが、大工の仕事を覚えていくと給料が上がっていきます。

数年も頑張ればベテランとして扱われるようになり、場合によっては独立することも可能になります。短所は高い所へ上る機会が多い、仕事場所がわからず迷うことがあるなどです。

大工は家を建てるのが仕事なため、柱にあたる部分が完成してくれば、屋根の上に移動する機会が増えていきます。

高所恐怖症の場合は、親方にその旨を伝えておけば、屋根ではなくその下のほうを作る仕事へ回してくれます。また、仕事場所がわからず迷ってしまうのはよくある話です。

親方の携帯電話に電話を入れて、目的地の情報を正確に伝えてもらえば対処できます。

type転職エージェントについてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です